2017年12月02日

チタンマフラー、クラック溶接修理、TIGアルゴンチタン溶接。

IMG_3462.JPG
チタンマフラーのクラック修理のご依頼です。

IMG_3463.JPG
ガンガムのような補修材を、

IMG_3465.JPG
取り除いたら、十字にクラックが入っていました。

IMG_3464.JPG
反対側にもクラックが入っています。


IMG_3469.JPG
両側のクラックを、

IMG_3468.JPG
溶接して、

IMG_3471.JPG
チタンマフラークラック修理の完了です。




posted by やっさん at 20:28| 岩手 ☀| クルマ         ステンレス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

オートバイエンジン、シリンダーフィン欠け修理。カワサキマッハH2 750SS 関東地方から、東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、茨城、栃木。

IMG_2957.JPG
カワサキマッハ750SS、シリンダーフィン欠け修理のご依頼です。

IMG_2958.JPG
一番下側のフィンが欠けています。

IMG_2973.JPG
マッハのシリンダーは、

IMG_3062.JPG
一段ごと、互い違いの位置に、

IMG_3063.JPG
切り欠きというか、くぼみの形状があるので、

IMG_3069.JPG
その形状の再現もしなければならないのね。

IMG_2962.JPG
2個目もバリッと欠けています。

IMG_3079.JPG
これもフィンを盛ったら、

IMG_3082.JPG
くぼみ位置をマーキングして、

IMG_3088.JPG
形状再現して完了。

IMG_2965.JPG
3個目は真ん中にあるキズを、

IMG_3089.JPG
盛って、

IMG_3090.JPG
形状修正して、

マッハH2 750SSシリンダーフィン欠け修理の完了です。

IMG_3106.JPG

遠方のお客様も宅急便等で対応しております。

お問い合わせは必ずメールでお願いします。
営業業務に集中する為、電話でのお問い合わせには対応しておりません。
何卒、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

メールには必ず御名前、御住所の記載を御願いします。
御名前、御住所の無い問い合わせにつ
きましては対応しておりません。
 あしからずご了承ください。

又、営業業務に付随しない疑問、質問等に当社は対応しておりません。
溶接に関する疑問、質問等は溶接機を
購入したメーカーのサービス窓口に
お問い合わせ願います。

*****************

街の溶接屋
 オーテック
 営業時間10時〜19時
 定休日 火曜日、祝祭日

〒020−0051
岩手県盛岡市下太田沢田19−37


お問い合わせは下記メールアドレスまで
御願いします。

MAILアドレス ohtec@hotmail.co.jp

* 画像等を添付していただけると
  御見積りがスムーズです。


*****************



posted by やっさん at 22:00| 岩手 ☀| バイク パーツ フィン欠け修正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

アルミ踏台、脚立溶接修理。TIGアルゴンアルミ溶接。

IMG_3383.JPG
アルミ製、踏台脚立の溶接修理のご依頼です。

IMG_3384.JPG
全部の溶接個所にヒビが入ったり、

IMG_3385.JPG
ボキボキと、

IMG_3386.JPG
折れています。

IMG_3390.JPG
こんなにひどい状況だと、新品買った方がいいんじゃね?って

かんじですが、

IMG_3392.JPG
新品を買っても、軽くサラ〜ッと溶接してあるだけなので

早晩また壊れるのが明白なので、新品以上にガッチリ溶接

してほしいそうな。


IMG_3399.JPG
溶接個所を、

IMG_3391.JPG
全ヶ所、

IMG_3396.JPG
ガッチリ溶接して、

IMG_3401.JPG
アルミ踏台脚立の溶接修理完了です。





posted by やっさん at 18:00| 岩手 ☔| 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

自動車、ミッションケース、ドレン穴クラック溶接修理。絶版部品修理。

IMG_3353.JPG
ミッションケース、ドレン穴クラック修理のご依頼です。

IMG_3354.JPG
絶版部品で新品が入手できないそうな。

IMG_3356.JPG
クラックが入っているのがわかるかな?

IMG_3355.JPG
日産系のドレンは締め込むと拡がる構造なので

締めすぎ注意。

IMG_3357.JPG
クラックを、

IMG_3358.JPG
溶接したら。

IMG_3359.JPG
ストレートタイプのドレンカラーを削り出して、



IMG_3361.JPG
溶接します。

IMG_3366.JPG
内側に水を張り、一晩置いて、

IMG_3368.JPG
漏れがないことを確認して修理完了です。




posted by やっさん at 20:09| 岩手 🌁| クルマ部品 アルミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする