2011年01月30日

ねむねむ へっぽこ隊。

今日は散歩に行けませんでした。

027.JPG
クーも、


015.JPG
クロも、


013.JPG
ルルも、

みんなお休みです。
posted by やっさん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | へっぽこ隊 わんこの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へっぽこ珍道中 御所湖 雪中行軍編

001a.jpg
クーの提案で、今日は遠出することになりなした。


002.JPG
長足のクロと、短足のルル。 長さが倍くらい違う?

期待に胸膨らむ、へっぽこ隊です。



004.JPG
御所湖、某所到着。 切り込み隊長のクーが偵察です。



012.JPG
ルルは雪が苦手。


013.JPG
寒いのも苦手。


014.JPG
ポテポテ慎重に歩きます。


016h.jpg
なんか見つけたかな?
posted by やっさん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | へっぽこ隊 わんこの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

カブ、モンキー、ゴリラ、スプロケット流用加工。旋盤、フライス加工。盛岡市みたけ「カブ八」さんから。気さくなお店です。

盛岡市みたけのホンダカブ専門店「カブ八」さんからの

スプロケット流用加工の依頼です。

009.JPG
前の作業分の段取りを外して、テーブル清掃です。

ワンオフ製作は作業ごとで、使用する段取り部品が違う

ので、段取りバラシ、清掃、段取り組みの作業が発生します。



010.JPG
作業に合わせて、段取り部品を組んでいきます。


011.JPG
加工センター出し、スプロケ取り付け穴の平行出だしです。

ここがキチンと出てないと、お話しにならないので、よく確認

します。


014.JPG
デジタルスケールリセット。 取り付け穴ピッチ90ミリなので

センターから45ミリ移動させます。



016.JPG
センターで穴あけます。


020.JPG
エンドミルで。座面切削です。


022.JPG
デジタルの座標を見ながらテーブルを移動して4箇所加工です。


023.JPG
実際にボルトを通して確認します。

024.JPG
次は旋盤加工です。 センター穴用バイトを取り付けます。


026.JPG
トースカンでセンターをひろいます。


029.JPG
敷き金で高さを合わせます。

ただ単に高さを合わせるのではなく、切削目的、バイトの突き出し量、

剛性、切削時のたわみを考慮して合わせます。

この後、実際に切削した感触で使用目的の高さに合っているか確認します。


033.JPG
旋盤で切削です。切り粉、切削音、ハンドルから手に伝わってくる感触で

切り込み量を判断します。

旋盤作業では、画像を撮った位置あたりに顔、頭がくる感じで作業します。

チャックの横に立っていると、もし被切削物が外れた場合、ブーメランに

なって顔面直撃です。下手こくとあの世行きです。ホントに。


前にいた会社で、旋盤作業中に被切削物がチャックから外れて顔面直撃された

ひとがいます。口が裂けて歯茎まで縫ってました。


仕事中に後ろで叫び声がして、振り向いたら同僚がフライス盤に手を

巻き込まれていたことがあります。

ぶっ飛んでいって、非常停止を押して助けました。

人間の手や腕がこんなカタチに曲がるのか?という状況でした。


もっと深刻な状況になった事故もありました。


旋盤、フライス盤などの汎用機は、いろんなモノが作れる便利な機械です。

しかし、扱いかたを少しでも誤ると深刻な事故が発生します。

今でも、起動させるときは緊張します。


041.JPG
ここまで切削したら、一旦止めます。


042.JPG
薄い所をペンチで切って。


046.JPG
ペンの先で指した所をリュウターで角を落とします。

これはスローアウェイチップが欠けるのを防ぐため。

もし欠けたら、この作業の利益の3割くらい飛んじゃいます。

この後、目的の寸法まで削り込みます。



059.JPG
加工終了です。


あ056.jpg
チップは欠けなくても、消耗します。いつかは交換です。

お金のかかる消耗品です。





ワンオフ、一品製作は、1つのモノを作るためだけに、

採寸、設計、方案検討、段取り、加工作業、検品作業が発生します。

スケールメリットも効きません。



今回の作業を県外の加工業者に依頼すると6000円だそうです。

自分はこの値段を「ものすごく、まっとうな値段。」だと思います。


たった1個のスプロケットを加工するために旋盤、フライス盤、

刃物、段取り部品、動力契約など設備資産。

刃物の摩耗、動力費用、メンテナンス、などの必要経費。


製作するための知識、経験、技術の人的資産が必要になります。


別の言い方をすれば、

「1個の部品を作るために、設備資産を保有した、知識と経験と

技術をもった人間を独占使用するための費用。」です。




自分でやったことの無いこと、経験したことの無いことは、

モノの見た目やイメージ、自分の思い込みで判断しがちです。



自分は旋盤、フライス盤を取り扱った経験があるので、何の加工を

するためには、どのくらい手間と時間がかかるか。消耗する刃物の償却、

必要経費などがアタマに浮かんできます。




なんでも簡単にモノを考え、自分の思い込みだけで判断して、

「高いだ、安いだ。」を口にする人がいます。


そういう人をみると、

ちょっと、悲しくなります。



*このカブのスプロケ流用については盛岡市みたけの、

ホンダカブ専門店「カブ八」さんへどうぞ。

カブ4速化仕様など、とても詳しくて気さくな

御主人のお店です。敷居が低くて初めての方でも入りやすい

お店ですよ。







posted by やっさん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク パーツ スチール関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする