2011年11月30日

休日出勤オーテック。

008.JPG
遅れている分を取り戻すべく休日出勤です。

町内会から発注いただいたゴミステーションの製作です。


ウチのあたりは区画整理をやっていて将来的には歩道に

設置されることになるので、歩行者や除雪の邪魔にならない

ように折りたたみ式のモノでないとダメなんだそうです。


「安全で使い易く、補修修理も簡単で、他より安く。」が命題です。

修理品と違い、製品つくりはアイデアひねり出しから始まり図面引き

試作、ダメだし改良の繰り返しで造り込むので、時間がかかります。

あるていど数を造らないと利益が出ません。


「まあ自分も使うから、儲からなくてもイイや。」と思っていたら

2つ目の発注がもらえるようなので良かった良かったです。



013.JPG
ハマの漁師よろしくネットを編み込みます。

012.JPG
やっと半分くらいまで進みました。

014.JPG
ほかにも、

017.JPG
修理とかやってました。

004.JPG
秋の設備投資第2弾。ブラストキャビネットが届きましたが。

開けるヒマがないのでモノ置きテーブルになっています。


会社いたころは金型の洗浄などにバイクのフレーム丸ごと入りそうな

ウエットブラストを使っていました。

勢いがすんごくてブラストガンを片手で保持してるのがやっとでした。

パワーがデカイので小物はしっかり持ってないとぶっ飛んでキズが

付いたり破損したりしました。


あのウェットブラストはいくらで買えるんだろう?

(ウン百万?)

005.JPG
チョロっと外出して盛岡にオープンしたストレートに行ってきました。

006.JPG
セール中に千円以上買うとコインドライバーがもらえるみたいです。


工具は、使いたい時が欲しい時なので、在庫がいっぱいあって

すぐに買って使えるのは時間ロスがなくて便利です。

007.JPG
お昼は業務スーパーで買ったグリーンカレーヌードルです。

このほかにもトムヤンクンヌードルもあります。

現地の方用?なので最初食べたときはむせるほど強烈なクセがあります。

指定分量より水を多めにすると少し?食べやすくなります。

気軽に海外旅行気分が味わえます?

posted by やっさん at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

米選別機モーターユニット修理。ケースベアリング加工。農機具修理。フライス加工。

017.JPG
専業農家のお客様より米選別機のモーターユニット修理の

御依頼です。

020.JPG
ギアシャフトとケースの間に入るブッシュが磨耗して

穴が空いています。




018a.jpg
ケース側もギヤシャフトで削られて変形しています。



普通なら?磨耗したブッシュを交換すれば直りそうですが、

なんとこの農機具メーカー、モーターユニットアッシーでしか

部品を出さないそうで丸ごと交換で6万円かかるそうです。



ブッシュ1個がダメなせいで6万円出せと?

(御代官さま。それはあまりに御無体。)

022.JPG
新しくブッシュを入れても、また磨耗したら修理になるので、

お客様と相談のうえケースを加工してベアリングを入れること

にしました。

今回はベアリングを並列に2個入れます。


023.JPG
内径10ミリ、外形15ミリのシールタイプベアリングです。

ちっちゃ。


024.JPG
手持ちに無かったので新品の15ミリのエンドミルも

買いました。


027.JPG
フライスにケースをセットして加工センターを出したら

ベアリングが入る穴を加工します。

(Z軸もデジタル化してて良かった。ラクラク。)


026.JPG
1個はツバ付きベアリングなので端面もエンドミルで

仕上げます。


030.JPG
ベアリングの入る穴の加工が出来ました。


029.JPG
ベアリングを穴に挿入する方法はいろいろ(油圧プレス。叩く。)

ありますがケースの肉厚が薄いため無理な力がかかるとヒビが

入る可能性があるので今回は金属の膨張差を利用します。

ケースをヒーターで温め、ベアリングは冷凍庫に入れて冷やします。



常温では入らなかったベアリングも、


031.JPG
膨張差を利用してストンとはまりました。


032.JPG
ベアリングがクルクル回るのを確認して作業完了です。



posted by やっさん at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業機械 農機器関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

アルミ削り出し。Z2カスタム。メーターギアカラー製作。旋盤作業。

007.JPG
DIYでバイクカスタムをされているお客様よりZ2カスタム

のホイールカラー製作の御依頼です。

ノーマルハブ使用のスポークホイールで17インチのワイドタイヤ

仕様を自分で製作されているそうです。




008.JPG
19インチのノーマルハブに17インチ用のメーターギア

をかましたらすき間が空いて、ベアリングも覗けちゃってます。

見た目がわるいので、すき間をカバーするようにカラーを製作して

ほしいとの御要望です。


009.JPG
メーターギアはそのままの形状だと旋盤にチャッキング

できないので、固定するための治具を削り出します。


010a.jpg
テーパー形状のメーターギアの一部をストレートに

削ってカラーとインロー合わせにします。


011.JPG
メーターギアを削りました。


012.JPG
次はメーターギアにハメるカラーを削り出します。

80パイのA2017の丸棒です。



013.JPG
端面と外周を削ります。


014.JPG
メーターギアがハマる穴を削ります。


015.JPG
突っ切って切り離します。

016.JPG
ハブ側の穴形状を仕上げます。


018.JPG
カラーにメーターギアの固定穴を開けます。


019.JPG
カラーにビス穴、メーターギアにネジ穴を切ります。


020.JPG
カラーとメーターギアをビスで固定します。


021.JPG
ハブに仮組みして動作確認して完成です。


033.JPG
このほかにもホイールのフィッティングカラーの

製作も御依頼いただきました。

作業御依頼ありがとうございます。

またの機会の御依頼こころよりお待ちしております。



posted by やっさん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク パーツ アルミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする