2013年02月28日

バイクサイレンサー、カスタム。社外マフラー静音加工。4ストミニ。ホンダモンキーカスタム。

010.JPG
ホンダモンキー用社外マフラーのサイレンサー加工の御依頼です。

011.JPG
排気効率を維持しながら静音化するために内部構造を変更します。

サイレンサーの外径内に収まるようにパイプを組み合わせたり、

017.JPG
元の寸法より長くなるようにアルミ板を巻いて

サイレンサー内部の容積を確保します。

012.JPG
部材が出来上がったら、

014.JPG
元から付いていた、

015.JPG
ウールも入れて。

018.JPG
組み付けて完成です。

016.JPG
バイクサイレンサー静音加工の完成です。

















posted by やっさん at 14:07| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | バイク サイレンサー、バッフル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

アンティーク家具修理。イギリス製飾り照明、溶接修理。

017.JPG
アンティーク照明器具の溶接修理の御依頼です。

018.JPG
照明本体を吊り下げる部分が破断して口が開いています。

このまま使用すると落下する可能性があり危険です。

026.JPG
一旦本体から吊り部分を外して、

027.JPG
ブラストで塗装を剥離します。

052.JPG
本体にハメ込んで溶接します。

049.JPG
塗装は御依頼者様のほうでされるそうなので、

ここで修理完了です。









posted by やっさん at 08:54| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | アンティーク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

生コンローリー車、タンク洗浄用配管パイプ、亀裂クラック溶接修理。

048.JPG
生コン会社様より、生コンローリー車の洗浄用配管パイプの

修理の御依頼です。

049.JPG
生コンローリー車の残生コンを洗い流すために車体に付いている

洗浄用の配管だそうですが、氷点下での水抜きを忘れたため凍裂で

亀裂が入ったそうです。

050.JPG
こういう配管は外観は良さそうでも、内側から腐食サビが

進行していて溶接ができない場合がよくあります。

試しにメッキをはがして溶接してみますが、

051.JPG
予想どうり内部腐食が進行していて溶接できないので、

アークを飛ばして、どこから溶接が可能か探ります。

赤い矢印の部分から溶接可能と判断できたので、

068.JPG
パイプを切断して、新しいパイプを溶接します。

069.JPG
生コンローリー車、洗浄用配管の溶接修理完成です。









posted by やっさん at 10:04| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | 重機プラント 施設什器機 設備機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする