2011年05月07日

鋳鉄溶接修理。鋳鉄シリンダー欠け。肉盛り溶接補修。ヤマハジョグ。2サイクルシリンダーフランジ部欠け修理。

007.JPG
鋳鉄シリンダーの欠け修理です。

マフラー取り付けのフランジ部が欠けています。

他の部分の程度が良いので捨ててしまうのは、

ちょっともったいないですね。



011.JPG
溶接前にサビ、汚れを落とします。



012.JPG
鋳鉄の溶接にはニッケル系の溶接棒を使用します。

出来るだけ低電流で溶接し、ピーニングをしながら

肉盛り溶接していきます。





014.JPG
だんだん盛りあがってきました。




あ017.jpg
元のノーマル形状に戻してもネジ山周辺部の強度が

足りず、また欠けそうなので側の肉厚を増して、

強度を上げることにしました。



031.JPG
リューターで形状修正、穴あけタップ切りして

完成です。
posted by やっさん at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク パーツ スチール関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199621987

この記事へのトラックバック