2011年06月04日

タコ足ヒビ。ステンレスエキマニ、クラック修理。TIGアルゴン溶接。

001.JPG
ステンレス、エキマニのクラック修理です。



776.JPG
ここは御依頼者さまより、修理してほしいと

指摘があった個所。


802.JPG
ほかにも点検したらフランジ部にもクラック発見。

他にもステー部に2個所クラックがありました。



778.JPG
パイプ内部を覗いたら、製造時のパイプのすり合わせが

甘く、裏側がくっついていない状態でした。

パイプ内部にトーチを差し込んでギリギリ溶接可能な

範囲だったのでパイプ内部からも溶接して強度を上げます。



786.JPG
狭くてトーチを振りまわせない場所でアークの指向性

をコントロールする裏技。


アルゴンガスから外れない範囲で電極を曲げます。


(んふっ。マネしてもいいよん。)



800.JPG
溶接したらロングシャフトリューターで形状修正です。



789a.jpg
排気抵抗や乱流の原因にならないように仕上げました。



803.JPG
最後の仕上げに不動態化処理です。



806.JPG
表側からもきちんと溶接してあります。


805.JPG
フランジクラックも溶接完了です。


遠方からの御依頼ありがとうございました。

またの機会の御依頼こころよりお待ちしております。



御来店いただけないお客様も宅急便等で対応させて

いただいております。お気軽にお問い合わせください。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206844727

この記事へのトラックバック