2011年12月19日

GT300レース用エキマニ、クラック修理。日産SR20DETステンエキマニクラック修理。TIGアルゴン溶接。広島県から。広島、鳥取、岡山、山口。

027.JPG
広島県のお客様よりステンエキマニのクラック修理の

御依頼です。

GT300レースで使われていたエキマニだそうで、

市販品の「売るために作った製品。」と違い、


パイプのすり合わせや段差、バリの仕上げ等、


「レースで勝つために作った!」エキマニです。

作りが全然ちがいます。

手にとって「スゴイなあ〜コレ。」としばらく眺めてました。


005.JPG
探傷検査でクラックの確認です。

016.JPG
クラックは、

018.JPG
2個所ありました。

029.JPG
溶接する部分のサビや汚れを、

032.JPG
一皮むいてキレイにします。


033.JPG
バックシールドの養生をします。

035.JPG
フローの確認です。

042.JPG
クラック個所を、

037.JPG
溶接しました。

033.JPG
エキマニ全体が焼けやサビで汚れています。ブラスト作業も

御用命いただきました。

フランジ取り付け面は組み付け精度にかかわる部分なので

マスキングします。




037.JPG
アルミナでサビ、汚れを落とし、ガラスビーズで仕上げました。


035.JPG
ウチのブラストキャビネットは自転車の27インチホイール

がそのまんま入る大きさです。

ブラスト作業の御用命もお待ちしております。


039.JPG
ブラストですっかりキレイになりました。


044.JPG
エキマニを不動態化処理をします。

047.JPG
不動態化処理後、お湯洗いをして乾燥させて作業完了です。


はるばる広島県からの御依頼ありがとうございました。

またの機会の御依頼こころよりお待ちしております。


遠方のお客様も宅急便等で対応しております。

メール、電話、FAXでお問い合わせください。

【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241232518

この記事へのトラックバック