2013年02月25日

アンティーク家具修理。イギリス製飾り照明、溶接修理。

017.JPG
アンティーク照明器具の溶接修理の御依頼です。

018.JPG
照明本体を吊り下げる部分が破断して口が開いています。

このまま使用すると落下する可能性があり危険です。

026.JPG
一旦本体から吊り部分を外して、

027.JPG
ブラストで塗装を剥離します。

052.JPG
本体にハメ込んで溶接します。

049.JPG
塗装は御依頼者様のほうでされるそうなので、

ここで修理完了です。









posted by やっさん at 08:54| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | アンティーク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/331682980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック