2017年06月01日

オートバイフレーム、溶接修理箇所、修理やり直し。TIGアルゴン溶接。カワサキZ1

IMG_1232.JPG
オートバイフレームの溶接修理箇所の修理?というか、

IMG_1242.JPG
溶接修理のやり直し?のご依頼です。

Zフレームのネック部分の溶接補修跡の見栄えが

良くないので何とかしてほしいそうな。


IMG_1243.JPG
たぶん半自動か、被覆アークでビャーッと溶接したような跡。

レストア中でフレームを再塗装するそうですが、

こんな状況だと気になりますね。

IMG_1244.JPG
ビートを削り落としてクラックを再溶接して、

欠けたり、溶け落ちして足りない部分を肉盛り溶接したら、

IMG_1246.JPG
補修跡が目立たないように形状修正。


IMG_1236.JPG
反対側の補修跡も同様に、

IMG_1239.JPG
溶接をやり直して、

IMG_1240.JPG
形状修正して、


IMG_1253.JPG
バイクフレーム溶接個所の、

IMG_1252.JPG
溶接修理やり直し作業の完成です。





【関連する記事】
posted by やっさん at 20:07| 岩手 ☔ | TrackBack(0) | バイク フレーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック