2018年12月01日

自転車にバイク用ハンドルカバー取り付け加工。コミネネオプレーン。

IMG_6558.JPG
休憩時間にチマチマとお針子さんです。

寒くなってきたので、自転車にハンドルカバーの取り付けなど。


IMG_6559.JPG
元がバイク用なので、いろいろ工夫が必要。


ジャージの袖口は手袋つけたままだと出し入れしにくいので、


IMG_6560.JPG
切り取ってしまいます。


IMG_6561.JPG
シフター等を通しやすいように、十字に切り込みを

入れた部分に、


IMG_6562.JPG
風が入り込まないようにジャージの袖口を縫い付けます。



IMG_6563.JPG
紐で縛って試走してみたけど、固定が不十分なので、

ぷかぷか動いたりズレたりするのが、とても気になる。


IMG_6566.JPG
対策として、ハンドルの穴に、


IMG_6567.JPG
ネジ穴付きのエンドグリップを削り出して、


IMG_6568.JPG
ハンドルの穴に固定して、


IMG_6569.JPG
ハンドルカバーにパンチで穴を開け、ビスで固定します。


ヒモでくくり付けなくて良いので、見た目もスッキリ。


IMG_6619.JPG
ジャージの隙間には黒いスポンジを詰めて安全ピンで固定して

隙間風もシャットアウト。


IMG_6620.JPG
ジャージの袖口を切り取っても、自転車で走るスピードなら、

走行風が巻き込むこともなく、かえって、とっさの時に手を

素早く出し入れできるメリットの方が大きい。


グリップに使い捨てカイロ貼ればホカホカだ。




パクッテモイイヨ。

posted by やっさん at 20:28| 岩手 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする