2018年02月07日

社外エキマニ、ジャバラ交換。無限エキマニ。東北地方から、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島。

IMG_3825.JPG
無限エキマニの、

IMG_3826.JPG
ジャバラ交換のご依頼です。

IMG_3827.JPG
ジャバラとステーがくっ付いちゃっているのが難儀。

IMG_3829.JPG
ジャバラを切り取って、ステーをプラズマで剥がし、

再利用できるように削って磨いて、



IMG_3830.JPG
新しいジャバラを溶接したら、

IMG_3831.JPG
ステーの位置がずれて2センチほど隙間が空いたところに、

IMG_3833.JPG
ステンレス棒を継ぎ足し、長さを合わせて溶接して、

IMG_3838.JPG
無限製エキマニのジャバラ交換の完了です。

遠方のお客様も宅急便等で対応しております。

お問い合わせは必ずメールでお願いします。
営業業務に集中する為、電話でのお問い合わせには対応しておりません。
何卒、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

メールには必ず御名前、御住所の記載を御願いします。
御名前、御住所の無い問い合わせにつ
きましては対応しておりません。
 あしからずご了承ください。

又、営業業務に付随しない疑問、質問等に当社は対応しておりません。
溶接に関する疑問、質問等は溶接機を
購入したメーカーのサービス窓口に
お問い合わせ願います。

*****************

街の溶接屋
 オーテック
 営業時間10時〜19時
 定休日 火曜日、祝祭日

〒020−0051
岩手県盛岡市下太田沢田19−37


お問い合わせは下記メールアドレスまで
御願いします。

MAILアドレス ohtec@hotmail.co.jp

* 画像等を添付していただけると
  御見積りがスムーズです。

【関連する記事】
posted by やっさん at 19:34| 岩手 ☁|          ジャバラ交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

出張溶接修理。学生寮鉄階段溶接修理。アパート、ビル鉄階段修理。

IMG_3784.JPG
10階建ての学生寮の鉄階段修理のご依頼です。

IMG_3785.JPG
踊り場部分に穴があいているそうな。

IMG_3787.JPG
元受け建設会社の担当者様と事前に打ち合わせした寸法の

縞鋼板を上から溶接する段取り。

IMG_3788.JPG
空アークで塗膜を焼き飛ばしてから溶接して、

IMG_3789.JPG
縞鋼板の溶接完了。

昨年、一昨年とウチのあたりは雪が降らないから油断してたら

今年はちゃんと雪降るんだなぁ。おまけに寒いし。



(温暖化じゃないのか?個人的にはバンザイなんだけどなぁ。)

IMG_3790.JPG
このあと、オイラの作業完了待ちで待機してた塗装屋さんが

塗装して作業完了です。




posted by やっさん at 19:31| 岩手 ☁| 住宅設備機器関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

アンティーク品、取っ手溶接修理。銅溶接。中国地方から、鳥取、島根、山口、広島、岡山。

IMG_3770.JPG
アンティーク品の溶接修理のご依頼です。

IMG_3771.JPG
材質が不明なのよね。

磁石当てても、くっ付かないない。

見た目の体積に対して手に持った重さの感じてアルミではナイナイ。

チタンのアンティーク品なんて聞いたことないし、色味も全然違うから除外。

錫は柔くてこういうのに向かないから、たぶん違う。

たぶん、銅か真鍮のどちらか?

IMG_3772.JPG
磨いた表面の色味からして銅で間違いなし。

真鍮ならもっと黄色い。(五円玉の色。)

IMG_3773.JPG
破断部を合わせて、

IMG_3774.JPG
溶接して、

IMG_3781.JPG
アンティーク品、取手溶接修理の完了です。



以下、余談。お急ぎの方はよそへどうぞ。


こういう仕事してると、大体ほぼほぼ、大まかかに材質は判る。

がぁ、デスよ。数年前に、あるマフラーの修理をやったのですよ。

「チタンマフラーです。」ということでした。

外国製でサイレンサーとエキパイが一体のモノで、

エキパイの見た目は完璧にチタン。

チタンだと思って溶接したら、溶接したときの溶湯プールの色が

妙に光った感じで変だ。

(チタン母材にステン棒いれたときの感じにそっくり。)



溶接後の反応もヘン、溶接部分が冷めてくると、ピキッと割れる。

絶対おかしい。

そう思ってメーカーのホームページや輸入元、代理店のホームページ

を確認したらチタン製と書いてある。

(イヤイヤ、絶対オカシイって。)

試しにわざと「アルゴンガスシールドの環境を悪くして」溶接後に

ブルーやムラサキ色の焼き色が付くように溶接したが、

溶接部にチタン特有の焼け色が発生しない。

(コレ、絶対チタンじゃないって、ステンレスだって。)

パイプ単体で持てば重さの違いで判別つくけど、一体式の

サイレンサーがくっ付いてるのでが判別できなかった。

その後、マフラー自体はステンレス溶接で修理して完了。

(焼けの感じもステンレスだっけヨ。)


いうなればチタン風の外観に表面処理したステンレスマフラーを

チタン製として売っているわけで、いかがなものかと思ったりも

するけれど、

外国メーカーなので説明不足、表現間違い、勘違いなどなど、モロモロ。

ユーザーをだますつもりではなく製造メーカー内の、いろんな段階での

ボタンの掛け違いで発生した事案のような気がする。

(組織内の、ホウレンソウ不足ってやつですか?)


世直しにと正義感ぶって、騒いだり、暴いたり、チクったりしても

オラには何も利するところはないし。


無駄なケンカをしているヒマは無いのだよ。



人間だれしも残り時間は限りがある。

選択と集中だ。


(ハイ、むかし、こういう経験をしましたというオハナシでした。)
































posted by やっさん at 20:23| 岩手 ☀| アンティーク品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

トライアイル競技車両、ブレーキペダル延長加工。

IMG_3739.JPG
トライアル競技車両のプレーキペダルの踏みしろを、

IMG_3740.JPG
後方に3cm延ばしてほしいそうな、

IMG_3741.JPG
板を切り出して、

IMG_3742.JPG
溶接したら、

IMG_3743.JPG
踏みしろ延長の完了です。




posted by やっさん at 19:19| 岩手 ☁| バイク パーツ スチール関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

オートバイ部品溶接修理、トライアル、アルミリアフェンダー、ナンバーステー溶接修理補強。TIGアルゴンアルミ溶接。

IMG_3733.JPG
トライアル車のアルミ製ナンバーステー修理のご依頼です。

IMG_3734.JPG
先っぽにナンバーが付いて繰り返し衝撃を受けるので

ヒビが入ってきたそうな。

IMG_3735.JPG
クラックを溶接して、

IMG_3736.JPG
このままだと、使用するうちにまたヒビが入るので、

補強を入れます。


IMG_3737.JPG
補強板を溶接して、

IMG_3738.JPG
アルミ製ナンバーステー溶接修理の完成です。




posted by やっさん at 11:07| 岩手 ☁| バイク パーツ アルミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする